プログラミングスクールを無駄にする人の特徴|現役の社内SEが解説します

共働きで暮らす

プログラミングを手っ取り早く学びたいと思ってプログラミングスクールに通う方も多いですよね。

何の知見もなしに、いきなり独学でプログラミングをやることは結構難しいのでスクールに通えば効率よく学ぶことができます。

ですが、実際にプログラミングスクールに通った人に話を聞いてみると途中で挫折した人が多いこと!

ガーコ
ガーコ

お金と時間を無駄にしたというのもよく聞く話ですよね

人によっては身につく、身につかないがハッキリ別れるのがプログラミングスクールですが、スクールを無駄にする人にはある特徴があると思います。

そこで今回の記事では、現役の社内SEである私がプログラミングスクールを無駄にする人の特徴を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

プログラミングスクールを無駄にする人の特徴

プログラミングスクールを無駄にする人は3つの特徴があると思います。

  • 自ら学ぶ意思がない人
  • 学びたいことが明確になってない人
  • 確固たる意思なく始めた人

高いお金を支払ったのにも関わらずプログラミングスクールを無駄にしたという人の多くは、上記の項目が当てはまると思います。

自ら学ぶ意思がなければ100%意味のないものになる

大人が通うプログラミングスクールというのは、手取り足取り教えてくれる訳ではありません。

オンライン授業で自分で課題を説いていき、分からない事を講師に聞くというスタンスです。

ガーコ
ガーコ

仕事をしながら限られた時間での学習となるとオンライン授業が現実的ですもんね

大手プログラミングスクールのCodeCampもオンライン教育が主流ですし、どのスクールもまずは自分で授業を受けて課題を解くというスタイルがほとんどで、社会人のプログラミングスクールは基本的には自主性が求められます。

仕事と両立するのであれば仕事が終わってから取り組まなければなりませんので、自らの意思で意欲的に課題に取り組まなければなりません。

仕事もしていて、子どもがいる方であれば学習時間はさらに限られてきますから、学習時間を捻出するだけでも大変です。

初心者の方だと最初は作業が思うようにすすみませんので、「わからないから今日はやめよう」が続いたらなかなかやる気を取り戻すのも難しくなってきます。

というか最初は分からないのが当たり前なので、自ら学ぶ意思のない人だと100%長続きしません。

どんなことでもそうですが、まず自分で考えるという力が絶対的に重要なんです。

どんな仕事でもそうですが「なんでもイチから教えてもらおう」と思っている人って実はなかなか身についていない人が多いですよね。

それと同じで、自ら学ぶ意思がない人はプログラミングスクールに通っても無駄金になる可能性が高くなります。

学びたい分野はある程度はきめておく

C言語やVisual Basic、Java、HTML、JavaScriptなどプログラミング言語といっても色々な種類があります。

言語が違えばコーディングも異なりますので、言語が変わるたびに基本的には勉強が必要になります。

例えば今とある言語をすでに習得していて予備知識があれば話は別ですが、全くの初心者が色々な言語を一気に習得するにはとても難しいと思います。

ガーコ
ガーコ

私は全くの初心者から社内SEとして勤務しましたが、最初の頃は話している内容の全てが宇宙語のようでした

初心者の方が色々な言語を一気に習得するのは困難なのを身をもって体験しているので、学びたい分野は最初に決めておくことをおすすめします。

確固たる意思なくスクールに通うのはNG

まめ
まめ

今の仕事が嫌すぎて転職したいけど手に職がないからどうしようかな、、

あんまり興味はないけどまあ教えてもらえるし今話題のプログラミングスクールに行ってSEとかで勤務してみようかな?

このように考えている方はほぼ間違いなく挫折すると思います。。

プログラミングの習得はそんなに簡単なものではない

今の仕事がなんとなく嫌だとか、ネガティブな感情を持ったままプログラミングスクールに通うのはやめた方がいいです。

というのもプログラミングの習得って思った以上に大変で難しいから。

やりたいと思って自分の意思のもと通わないと続きません。

そして、業務レベルで戦力になるまでとなるとかなりの努力と経験が必要です。

なによりプログラミングに少しの興味もない状態でスクールに通っても苦痛以外のなにものでもないと思います。

うまくいかない時って、強い意志とか使命感がないと頑張れないので、「なんとなく」でスクールに通い始めたらまず間違いなく失敗すると思います。

そしてSEは基本激務なので、あなたが嫌な今の職場環境よりも転職先が劣悪環境になる可能性だって十分にあり得ます。

まめ
まめ

SEは高待遇で転職できるし、給与も高いはず!

あなたがそう思っていて、職場の環境を変えたい気持ちが先行するのであれば、まず転職活動をしてみる方がいいかもしれません。

あなたが若いんだったら未経験の第二新卒でSEの求人探して転職した方がプログラミングスクールに通うよりよっぽど早く技術は身につくと思います。

未経験でも会社に入ってSEとして勤務することになれば否応なしにコーデングさせられますので、お金をもらいながら業務レベルのプログラミング知識を身につけることができますので。

まとめ

社会人のプログラミングスクールは自主性が求められる場です。

確固たる意思なく学ぼうとしているのであれば、一度立ち止まって考え直すことを視野に入れた方がいいと思います。

どうしても興味があって一度やってみたいという気持ちがあれば、無料の体験入学があるスクールもありますので、一度見学をしてから入会を決めるのもいいかもしれませんよ。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました