時短勤務のボーナス金額公開します|時短だと減額なの?満額支給なの?

共働きで暮らす

会社員として働く私たちが一番嬉しいのが賞与(=ボーナス!)ですね。

ガーコ
ガーコ

私もボーナスが一年の楽しみといっても過言ではありません!

時短勤務になって初めて査定期間が6ヶ月の夏のボーナス支給です。

時短分はカットされるのか、もしかして満額支給なのか、すごく気になっていたので、いつも以上に楽しみと不安でドキドキのボーナス支給日だったんです。

ガーコ
ガーコ

時短のボーナスっていくらもらえるんだろうなあ?

実際に時短勤務をしている人って意外と少ないので、給与事情やボーナスについてわからないことも多いです。

そこで、今回の記事では時短勤務のお金事情で特に気になる3つのことについて記事にて紹介したいと思います。

 時短勤務のお金事情
  • 短分はカットされて支給されるのか?
  • 満額で支給されるのか?
  • 社会保険料はいくら引かれるのか?
ガーコ
ガーコ

この3つは絶対に気になりますよね!

実際に私が時短勤務でもらったボーナスの総支給額と手取りを公開しますので、時短のお金事情が気になる方はぜひ読みすすめてみてくださいね。

スポンサーリンク

時短勤務のボーナスは満額?それとも減額?

私が勤務している会社の場合は、時短でもボーナスは満額支給されました!

ガーコ
ガーコ

めちゃめちゃびっくりしました!!

賞与査定は約2.5ヶ月分、総支給額は約50万、手取りで約40万ちょっとだったので世間一般的な支給額くらい頂けたかなと思っています。

てっきりボーナスは時短勤務分は減額されて支給されると思い込んでいたので、満額支給されている給与明細を見た時はビックリして二度見してしまいました。笑

時短勤務中のボーナス規定は就業規則を確認する

実は育休を取得する権利は法律で定められているのですが、ボーナスの支給は労働基準法などに定めがないんです。

ボーナスの支給は労働基準法などに定めがなく、企業ごとの取り決めによります。
就業規則に時短勤務中のボーナスについて決まりがあれば、その通りに支給されるのです。

引用:マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20181211-739180/

つまり、ボーナスが時短分減額されるのか、満額支給されるのかって実は会社次第なんです。

そして、一般的に時短勤務中は通常の給与と同様にボーナスの支給も時短分は減額される事がほとんどです。

ガーコ
ガーコ

私の会社のように満額支給される方が珍しい部類だと思います

勤務先の就業規則によってボーナスが減額されるか、満額支給か異なってくるため、ボーナス支給前に一度就業規則に目を通して確認しておくことをおすすめします。

ガーコ
ガーコ

時短で満額支給はかなり嬉しかった!!

まめ
まめ

お金が上がれば、仕事のやる気も上がるもんよね

時短勤務のボーナスだと社会保険料はどうなる?

残念ながら賞与にも社会保険料がかかります。

時短であっても、ボーナスから天引きされる社会保険料(1〜3)はボーナスの支給額によって決まります。

ガーコ
ガーコ

時短勤務のボーナス支給に対する社会保険料の優遇は私が調べた限りではないと思います

一方、所得税(4)はボーナスの金額から社会保険料の合計額を引いた額に源泉徴収税率を掛けたものになります。

時短勤務の私が賞与から天引きされた保険料は以下の4つ。

  1. 雇用保険
  2. 健康保険
  3. 厚生年金保険
  4. 所得税

これらの税が引かれて手取りの賞与として支給されています。(40歳以上は介護保険料も天引きされます!)

まめ
まめ

で、結局はいくら天引きされるわけ?

ガーコ
ガーコ

実際に私が支給されたおおよその金額を例として手取りの計算をシュミレーションしてみるね!

時短勤務のボーナスの手取り計算について

ボーナスの社会保険料はボーナスの支給額によって決まりますから、時短勤務であってもフルタイムと同様の計算方法で算出されるはずです。

ガーコ
ガーコ

所得税の計算に前月の給与が情報として必要になるので簡単な支給額と家族構成について紹介します

前月の給与(総支給)18万
ボーナス(賞与)50万
家族構成既婚子ども一人(扶養親族なし)

社会保険料はいくら天引きされる?

今回のボーナスで天引きされた社会保険料は、健康保険、厚生年金、雇用保険の3つで、毎度のことながら結構な金額がボーナスから天引きされています。

ガーコ
ガーコ

それぞれ計算方法を紹介します

 社会保険料の計算式

健康保険料=標準賞与額×5.16%(10.32%を会社と折半)※1

厚生年金 =標準賞与額×9.15%(18.30%を会社と折半)※1

雇用保険 =標準賞与額×0.3%

 所得税の計算式

所得税(源泉徴収税額)=

(ボーナスの金額-社会保険料の合計額)×源泉徴収税率

社会保険料の計算時に出てくる標準賞与とは、実際に支給された賞与額から1000円未満を切り捨てた金額のことです。

ガーコ
ガーコ

例えば賞与が20万2200円だったとしたら、標準賞与額は22万2000円になります

そして、健康保険と厚生年金にかかる保険料率は令和2年の協会けんぽ(福岡県)の場合のパーセンテージで、都道府県によって保険料率は異なります。

毎年見直しが行われますので、ご自身のお住まいの場所を調べて計算する必要があります。(令和2年協会けんぽ保険料額表

私の場合、先ほど紹介した計算式にあてはめて保険料を計算すると、

  • 健康保険料=50万円×5.16%=25,800円
  • 厚生年金 =50万円×9.15%=47,500円
  • 雇用保険 =50万円×0.3%  =1500円
  • 所得税  =(50万円ー74,800円)×4.084%=17,365円
  • 合計:92,165円

控除額の合計は92,165円になります。

所得税の源泉徴収税率はこちらのサイトから計算しています!
ガーコ
ガーコ

実際にはこの控除額より少なめでしたが控除額がこれくらいと目安として考えて良いと思います

まとめ

ボーナスの支給は労働基準法などに定めがないため、時短勤務のボーナスが減額されるか、満額支給なのかは会社の就業規則次第です。

時短分は減額されてボーナス支給されることがほとんどで、満額支給される会社の方が少ないので支給前に会社の就業規則をしっかり確認しておきましょう。

そして、社会保険料はボーナスの支給額によって計算されるため、ボーナスに関しては時短勤務の優遇等はない様です。

本記事では控除額の計算方法なども紹介していますが、もっと深く知りたい方は一度専門家に話を聞いてみるのもいいかもしれませんね!

参考書籍:今さら聞けないお金の超基本 

 

 

タイトルとURLをコピーしました