産後ダイエット成功!産後の体重の減り方をグラフで解説

出産

産後の悩み事の一つに体重管理がありますよね。

私も出産直後すぐに体重が戻ると勘違いしていたので、産後2日目に入院先の産婦人科で計った体重に愕然としたことを今でも鮮明に覚えています。

ガーコ
ガーコ

たった4kgしか減ってないんだけど!?

経産婦の方から言わせれば当たり前じゃんって言われそうですが、初産の私は産んだら一気に体重が落ちると思っていたんです。

私と同じように、やっと子どもを出産して一安心、身も心も身軽になるはずだったのに、身だけ重いままじゃんと愕然とした人は多いはず!!

そしてその後も妊娠で一気に太った体重が元に戻らなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ガーコ
ガーコ

せめて元の体重に戻したいよね。。

まめ
まめ

だよね

この記事では私の産後の体重の減り方の推移をグラフで紹介したいと思います。

現在私は産前より−2kg減を達成し、なんと妊娠前より痩せたので体重減少した理由も合わせて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

妊娠から出産後の体重の変化をグラフで解説!

妊娠前の私は標準的な体重(いわゆる普通体型)で、妊娠をきっかけに体重が11kg増加しています。

  • 身長:156cm
  • 体重:48kg   (妊娠前)→ 59.0kg(出産直前)
  • BMI:19.72  (妊娠前)→ 24.24  (出産直前)

普通体型の人は、妊娠に伴う体重の増加はプラス10kgまでに抑えるように産婦人科医にアドバイスを頂いていましたが臨月で一気に体重が増加しました。

ガーコ
ガーコ

わかりやすくグラフで表したのがコチラです↓

 

 出産直後から産後3ヶ月までの体重変化
  • 出産直後 :マイナス3.2kg減
  • 産後1ヶ月:マイナス6.7kg減
  • 産後2ヶ月:マイナス9.8kg減
  • 産後3ヶ月:マイナス12.9kg減

妊娠後は右肩上がりに体重が増えていますが、出産直前は+11kg出産直後は−4kgしか体重は減っていません。

ガーコ
ガーコ

わたしこのまま太ったままなの!?

と出産直後に焦る気持ちが出てくると思いますが、産後直後は本当に赤ちゃんの体重分くらいしか減らないものなんです!

グラフを見ても、産後2ヶ月にはほぼ産前の体重に戻り、産後3ヶ月で産前の体重よりマイナス2キロ減になっています。

 

まめ
まめ

体重は緩やかに減っていくから過剰に心配しなくても大丈夫だよ

産後3ヶ月目くらいに体重チェック

産後すぐに「体重が戻らない!」と心配する必要はありませんが、周りの出産経験者や自分の経験上、だいたい3ヶ月で産前の体重に戻る場合が多いようです。

ガーコ
ガーコ

逆にこの時期までにある程度体重が戻っていないと産後太りが続く様な気が・・・

出産から時間が経てば経つほど、なかなか元の体重に戻るのが難しくなってくるのかなという印象です。

実際に産後太りが継続している人は、産後3ヶ月経っても体重が戻っていない人ばかりで、そして一年後に会っても太っている事が多いです。

一旦痩せてからまた太るっていうパターンは少ないので、産後ダイエットは出産後3ヶ月までが勝負だなと個人的には感じています!

産前より体重が減少した理由

私は産前よりも体重がマイナス2kg減少しました。

現在もその状態をキープしていますが、なぜ以前の体重より痩せたのか、子どもが産まれてからの自分の生活スタイルから考察すると、以下の理由が考えられると思います。

骨盤矯正ベルトの着用

産後すぐから骨盤の開きを締めるためにトコちゃんベルトの着用を始めました。

出産後、産前に頻繁に履いていた大きめのデニムが全く入らず恐怖を感じた私は、産後2日目からずっと骨盤矯正ベルト(トコちゃんベルト)を利用していました。

骨盤が開いたままだと、体重が落ちにくくなる原因になるので毎日欠かさずとこちゃんベルトでしっかりウエストを締めました。

産院からは腹帯をもらいましたが、本当にただの綿の帯なのですぐ骨盤からズレてしまいます。

その点、トコちゃんベルトは強力マジックテープでベリッと留めるだけなので、すっごく楽。

腹帯だと毎回自分でせっせと巻いてもすぐズレてしまうので、しっかり骨盤を締めたいならば専用の骨盤矯正ベルトの利用をおすすめします。

最初はギリギリ腰に回るくらいだった骨盤ベルトも、産後2ヶ月の終わりにはしっかりお腹周りまで巻ける様になり骨盤の締まりを感じたので、トコちゃんベルトの効果は少なからずあったと思っています。

母乳の出が良く完全母乳育児の子育て

痩せた1番の原因は間違いなく「完母」だと思っています。

私は娘が生まれた頃はおっぱいとミルクの混合育児をしていました。

最初こそ母乳育児につまづきましたが、娘が生後3ヶ月の頃からはしっかりおっぱいを飲めるようになりました。

ガーコ
ガーコ

母乳の需要と供給が安定してきた頃に一気に体重が落ちた!

母乳の出がいい人、悪い人がいるのでみんな母乳育児が出来るわけではないですが、母乳育児の方が体重が落ちやすいと思います。

和食中心の食生活

主人が和食派なこともあり、毎日の食事のほとんどが和食中心の食生活でした。

授乳中は通常より食べても大丈夫なので、おかず4品と白ご飯と果物とか特に気にせず食べていましたが太ることはなかったです。

しっかり食べる代わりに、おやつはフルーツなど、おっぱいトラブルが起きない様な食材を選ぶ様にして、生クリームなどは食べない様に気をつけていました。

和食はしっかり食べても洋食よりはカロリーが少ないし、おやつもケーキなどは避けていたので、痩せやすかったのではないかなと思っています。

そもそも育児が大変で痩せた(抱っこが多かった)

赤ちゃんはどうしても抱っこしている時間が長いので、毎日の抱っこで体重が減ったとも思っています。

特に娘は標準より体重が太めで、生後4ヶ月の時点で10キロ弱体重がありました。

まだ完璧に首もすわっていない頃ですし、全体重が腕にのしかかってくるので、赤ちゃんを抱っこするだけでも結構体力がいるなっていう感じでした。

育児に休みはないので毎日毎日10キロの重たい赤ちゃんをを抱っこしてゆらゆらしてたらそれだけで結構運動になっていたんだと思います。

まとめ

 産後ダイエットのコツまとめ
  • 産後は骨盤ベルトをしっかり締める
  • 和食中心の食生活でおやつは高カロリーのものは避ける
  • 可能ならば母乳で育てる
  • 産後3ヶ月以内に産前の体重に戻す意識を忘れない

産後3ヶ月頃にはほとんどの人が元の体重に戻るので、実際に出産を経験してみて産後3ヶ月が体重を元に戻す勝負の時期なのかなと思います。

産後は産前よりもカロリーを摂っても基本的には痩せるんだと思うので、しっかり食べて大丈夫ですが、食べ過ぎないことが大事なんだと思います。

一度太るとなかなか元に戻らないので、以前履いてた服が着れなくなる様であれば産後の生活スタイルを見直す必要があるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました