インコは留守番できる?留守番インコの6つのポイントと便利アイテム

住環境

みなさんは旅行などで自宅を留守にする際、一緒に暮らしているペットはどうしていますか?

旅行先へ一緒に連れて行く方やペットホテルに預ける方もいると思います。

「自宅にペットがいると家を空けられないから旅行はしない」という話もよく聞きますよね。

我が家もインコを飼っているので旅行は避けていましたが、

「やっぱりたまには旅行がしたい!」

と感じてインコが安心して留守番が出来るようにスマート家電を導入しました。

スマート家電を取り入れたおかげで最近は2泊3日までの外出はお留守番させるようになりましたよ。

今回の記事では、インコのポイントや安心して留守番させるための便利なアイテムについてご紹介します。

スポンサーリンク

インコは留守番ができる!留守番をさせる時の6つのポイント

成鳥であれば、インコを留守番をさせることは可能です。

ただし、留守番をさせるときに注意するべきポイントが7つあります。

 

 インコを留守番させるときの7つのポイント
  1. 大前提として最長留守番日数は2泊3日まで!
  2. 糞切網は外す
  3. 餌入れを複数設置する
  4. 水入れを複数設置する
  5. 温度は適温を保つ
  6. 留守番の練習をさせる
  7. 日の出と日の入りで照明の調整をする

何度も留守番をさせた経験から、インコを留守番させる最長日数は2泊3日までが望ましいと思います。

それ以上、自宅に帰らない時は動物病院に併設されたペットホテルに預けたほうが安心です。

この7つのポイントを守れば留守番させることは決して難しくありませんよ。

糞切網は外しておく

インコを留守番させるときに一番大切なことは糞切網を外しておくことです。

糞切網をつけたままだと、インコがエサを入れ物ごとこぼした時に落ちたエサを拾って食べることができなくなってしまいます。

通常時だったら飼い主の目があるのでつけておいても問題ありませんが、外泊の際は何が起こるかわかりません。

旅行などで自宅にしばらく帰れない時は糞切網は外して外出することを強くおすすめします。

餌入れ&水入れは複数設置する

餌入れはケージ内に複数設置すると安心して外出することができます。

2泊3日くらいの旅行であれば通常の餌入れに多めに入れれば餌は足りることが多いです。

しかし、留守中にインコ自身が餌入れをひっくり返してこぼしてしまったりする心配もありますので、ケージ内に複数設置すると安心することができます。

ケージ内に設置する小型のものがありますので併用するのがおすすめです。

スドー 小鳥のエサ入れ 3個組セット P-1770 《フィンチ、カナリア、セキセイインコなど小型鳥種》【小鳥用品】

水入れも同様で複数設置するのがおすすめです。

ケージ付属の水入れだと暑い日だったりすると水入れで水浴びをするインコも多いので、不衛生になりがちなので夏場は特に注意が必要です。

水浴び好きなインコには、外付けのバナナ型水入れを使うのがいいですよ。

外付けの水入れだと、飲み水が汚れずに済みますのでとても使い勝手がいいです。

温度は適温を保つ

温度管理は最高でも35度、最低でも25度程度を保つようにしましょう。

インコは暑さには強いです。室温が35度程度でも結構平気に過ごしていますよ。

一方、寒さには弱い生き物なので25度を下回らないようにしてできる限り快適に過ごさせてあげてください。

我が家は夏の猛暑の時だけはエアコンを30度でつけっぱなし、冬はペットヒーター&サーモスタットで25度設定で管理しています。

プレ留守番をさせてみる

個体によっては、留守番が苦手な子もいます。

いきなり留守番をさせるのはハードルが高いので、まずはプレ留守番をさせましょう。

朝から晩まで外出する前に、ごはんとお水をしっかり入れてあげます。

飼い主が帰ってきたら、ご飯とお水が減っているか確認してみてください。

飼い主がいない間にしっかりエサを食べていたら、この子は一人でもちゃんとたべれるんだなと分かります。

もし食べていないようだったら、もう少し練習してみて様子を見ましょう。

オカメさんとか臆病な子は、留守番が出来ないと聞いたこともあるので、

よくよく観察してから留守番をチャレンジしてみてください。

まずは、1日、問題なさそうだったら1泊2日にチャレンジしてみるのがいいかもしれません。

日の出、日の入りで照明を調整する

我が家は、イーリモートで外出先から照明の入切を操作しています。

リモコン操作可能な照明と、スマホがあれば外出先でも照明の入切が出来ます。

エアコンの操作も可能なので、夏場はエアコンの操作もこちらで行なっています。

我が家の留守番の必須アイテムですね。

スマート家電は留守番ペットの便利アイテム

我が家はインコが安心して留守番ができるようにイーリモート(eRemote)を利用しています。

イーリモートは外出先から照明やエアコン、テレビなどの操作が可能になるスマート家電です。

照明やエアコンの入切などリモコン操作で利用することができる家電であれば外出先でも操作することが可能です。

日が落ちたら外出先から電気を消したり、夜中の寒さ対策のためにエアコンをつけたりすることもできるので、ペットを留守番させるときにとても便利に利用することができます。

インコは寒さに弱い生き物なので、今の時期だと保温の心配がありますが、イーリモートを導入してからは外出時の保温に関して不安がなくなりました。

まとめ

インコがいると旅行も帰省も諦めている方も多いかもしれません。

しかし、サーモスタットやイーリモートを使うことで外出先から照明を調節できたり、インコにとって快適な温度を保つことができます。

少しの息抜きや帰省ならば、インコさんもきっと快く送り出してくれます。

美味しいシードと出来るだけ早く帰ってあげたら愛鳥もよろコンくれるはずですので、ぜひインコのお留守番をチャレンジしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました