絶対後悔しない買って正解だった育児グッズまとめ(0〜8ヶ月編)

育児用品

どうも!まめるり(@mameruringo)です。

 

赤ちゃんが産まれる前は、あれこれ必要だと思って揃えたものでも実際に産まれたら使わなかったというのは良くある話だと思います。

 

娘が産まれる時に我が家も色々と揃えましたが、実際には一瞬で使わなくなったものもたくさんありまして、違うもので代用すればよかったと思ったものも数知れず。

 

そんな訳で、我が家で実際に買って正解だった育児グッズをご紹介します。

スポンサーリンク

エルゴベビーの抱っこ紐

誰もが持っている抱っこ紐エルゴベビー。

もちろん誰もが持っているので我が家も愛用者の一人でOMNI360を購入して使わない日はないというくらいフル活用しています。

今まではどの抱っこ紐でも抱っこできればまあいいんじゃん?

って思っていましたが、エルゴの腰バックルを誤って壊してしまった時のエルゴベビーの対応が神だったので、それからはエルゴがやっぱり最強だと痛感しています。

バウンサー

特にワンオペ育児気味の人は絶対おすすめなのがバウンサー。

寝返りが打てるようになる4か月ごろになると、めちゃめちゃ動きます。

しかもママがいなくなると泣き出す子が多いので、リビングに赤ちゃんを置いてママだけ先にお風呂に入るということが出来なくなります。

一人でお風呂に入れる時に脱衣所に寝かせて使っていて重宝しました。

ママ鼻水トッテ

新生児の頃に鼻が詰まりすぎてドラッグストアに買いに行ったくらい必須なアイテムがママ鼻水トッテです。

最初に他のメーカーのものを買いましが使い勝手が悪く、ママ鼻水トッテに買い直しをしました。

赤ちゃんは自分で鼻をかめないので、かめるようになるまでは必需品です。

電動だとメルシーポットが有名でゴイゴイ吸えるらしいです。

手動でも慣れたらプロ並みに使いこなせますので、とりあえず手動で使用感を確認するのがオススメです。

 

ピジョン 赤ちゃんピンセット

鼻水吸引機と合わせて、赤ちゃんピンセットも必需品です。

手前にある綿棒では取りずらい鼻くそを見事にキャッチできます。先端も尖っていないので安心して利用できます。

 

リッチェル ストローマグセット

【送料無料/一部地域除く】【あす楽対応】リッチェル アクリア いきなりストローマグセット ピンク(P)【KY】

5ヶ月から離乳食が始まり、麦茶を飲む練習に大活躍します。

リッチェルのカップマグは蓋のPUSHボタンを押したら麦茶が出てくるようになっているので、マグの練習を始めたばかりの赤ちゃんでも非常に使いやすいのが特徴です。

家ではカップマグ、外出先では蓋つきの持ち歩き用にマグを使っていて非常に重宝しました。

 

お食事スタイ

離乳食のお食事スタイはベビービョルンがおすすめです。

食べこぼしをしっかりキャッチしてくれるし、食器と同じように食器洗剤で洗えて洗濯しなくて良い最高なお食事スタイだと思います。

 

 

おくるみ

新生児のころから8ヶ月現在までフル活用しています。

赤ちゃんの肌は敏感なのでガーゼやオーガニックコットンのおくるみを選ぶのが良いです。

エイデンアンドアネイはガーゼで畳むとコンパクトなのでバッグに入れても邪魔にならないのでおすすめです。

 

授乳クッション

いる派といらない派が別れる授乳クッションですが、私にとっては超必須アイテムで現在もずっと利用しています。

クッションがあると腕が疲れないし、乳腺炎予防で授乳姿勢を色々と変えていたので授乳クッションがあると楽でした。

特にフットボール抱きで授乳する際は授乳クッションがないとかなりやりずらいので、重宝しました。

 

バンボ

バンボは首がすわる生後4ヶ月ごろから利用できます。

腰が据わってなくてもしっかり座れるので離乳食初期から使えて非常に重宝します。

足がむちむちの子にはカリブがおすすめ。

まとめ

おむつ、おしりふき以外で買ってよかったものはこれくらいです。

アマゾンプライムでは赤ちゃん用品、おむつやおしりふきまで格安で手に入れることができますので定期的に購入する品物がある子育て世代の方に非常におすすめのサービスです。

またアマゾンファミリーに会員登録をすると2,000円クーポンがもらえるので、普段のお買い物に利用することができます。

我が家もプライム会員ですが、会員になる前よりも日用品の買い物がずっと楽になりましたし、店舗で買うより安く購入できることが多いのでおすすめです。

赤ちゃんがいると買い物するにも一苦労なので、出来れば必要なものをネットで買うのがおすすめですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました